熊谷守一作品

熊谷守一略歴

熊谷守一略歴

 

1880年 岐阜県恵那村に生れる。父は製糸工場を経営し、市長や衆議院議員等を歴任。
1900年 東京美術学校西洋画科。黒田清輝・藤島武二などの指導を受ける。同級に、青木繁・児島虎次郎・山下新太郎・和田三造など。
1904年 東京美術学校西洋画科を主席にて卒業。
1916年 二科会会員に推挙される。
1947年 二紀会創立に参加、会員となる。

  
1967年 文化勲章を「これ以上、人が来るのは困る。」と、辞退する。
1972年 勲三等叙勲も「お国のためには、何にもしていない。」と辞退する。
1976年 岐阜県付知町に、熊谷守一記念館開館。
1977年 肺炎のため死去。
1985年 東京都豊島区に、熊谷守一美術館開館。  

 

 

版画

ゆり

 #43

 24.2×27 

 #45-3

 1975年 木版

 画寸27.8?40.2

柿に烏

 #44-8

1973年 印譜 木版

 画寸29.0x32.5

寒山拾得

 #46−1

 1975年 木版

 23.3×45.6 

新神楽

「熊谷守一版画集 サムホール」

 #47-5

 1977年 木版

 19.1×26.6

折雛

 #23

   1973年 自筆サイン

 リトグラフ

 画寸42x34 

白梅

 #45-1

 1975年 木版

 画寸27.8?40.2

百合

 #46-5

 1975年 木版

 画寸23.3x45.6 

百日草

 #42-5

 1971年 印譜 木版

 画寸50x39.6

裸婦

「熊谷守一版画集 サムホール」

 #47-3

 1977年 木版

 26.2×18.0

  かまきりとひかん花 
#45-0 1975年 
木版 300部 
画寸29?25.8   

つゆくさ 
#46-4 1975年 
木版 
画寸23.3x45.6

つつじ 
守一の印 
リトグラフ 
画寸29x38 

つばき 
自筆サイン 
#24 1973年 
シルクスクリーン 
画寸38.5x46.2

笹百合 
#45-2 1975年 
木版 
画寸40.2x27.8 

 朝顔 
#34 印譜 1976年
 リトグラフ 
画寸50x36