向井潤吉作品

    

向井潤吉略歴

向井潤吉略歴

 

1901(明治34) 京都市下京区にて生まれる。
1414(大正3)  京都市立美術工芸学校予科入学。2年後中退。
1916(大正5)  関西美術院入学。4年間学ぶ。
1919( 〃 8)  二科会入選。
1927(昭和2)  渡仏。ルーブル美術館に行き、模写して回った。夜はアカデミー・ド ・ラ・ショーミエールで素描を日課とした。
1930( 〃 5)  帰国後模写した絵の展覧会を開く。二科会にて樗牛賞。
1937( 〃12)  個人の資格で従軍し、中国へ行く。
1938( 〃13)  大日本陸軍従事画家協会会員。戦争画を描く。
1944( 〃19)  インパール作戦に火野葦平と共に従軍。帰国後は軍需生産美術推進隊隊員として各地の炭鉱で制作を続けた。
1945( 〃20)  戦後、民家の美しさに気づき、以後生涯の主題として草屋根の民家を描き続けた。
1955(平成7)  急性肺炎のため93歳にて没。

版画

杏の里(1) 

自筆サイン 

リトグラフ 

画寸31x41

杏の里(2) 

自筆サイン 

リトグラフ 

画寸31x41