西村龍介の作品

  

西村龍介 略歴

西村龍介) 略歴

 

1920年(大正9)2月8日、山口県小野田市に生まれる。
1938年 日本美術学校日本画科入学。太田聴雨、林武らに指導を受ける。
1947年 山口にて初個展。
1954年 二科展にて「河岸」初入選。
1956年 二科展特待賞受賞。
1959年 サロン・ド・コンパレーゾン展招待出品。
1960年 二科会会員となる。
1966年 二科会評議員となる。
1971年 銀座松屋にて個展。同年、二科展にて内閣総理大臣賞受賞。
1972年 二科会委員となる。
1975年 二科会委員長となる。
1983年 読売新聞社主催の個展が東京・大阪・名古屋にて開催される。

版画

古城の冬 
自筆サイン 
1978年 リトグラフ 
画寸31.5x41

朝の城 
自筆サイン 
リトグラフ 裏シール 
画寸33.3x24.2

杜の館 
自筆サイン・印 
リトグラフ 
画寸31.5x41