平山郁夫作品

   

平山郁夫 略歴

平山郁夫 略歴

自画像

 

1930年  広島県尾道市生口島に生まれる。
1943年  広島市修道中学校に入学。
1945年  8月6日、学徒動員の陸軍兵器補給廠にて、原子爆弾投下に遭う。
1947年  東京美術学校日本画科に入学。
1952年  東京美術学校日本画科の副手となり、前田青邨の指導を受ける。
1953年  東京美術学校日本画科除すとなる。日本美術院展に初入選。
1955年  日本美術院院友に推挙される。
1956年  原爆の後遺症が悪化。
1961年  日本美術院賞(大観賞)受章。特待に推挙される。

自画像

1962年  ユネスコ・フェローシップにより、ヨーロッパに留学。        
1964年  日本美術院同人に推挙される。東京芸大講師となる。
1967年  法隆寺金堂再建事業に参加。
1968年  仏教伝来の遺跡を訪ね、シルクロード取材を始める。
1969年  東京芸大助教授となる。
1970年  日本美術院評議員になる。
1973年  東京芸大教授となる。高松塚古墳壁画責任者。
1974年  ローマ法王に謁見。
1977年  仏教伝道文化賞受賞。
1981年  日本美術院理事に選任される。
1984年  薬師寺玄奘三蔵院の壁画制作。 
1987年  放送文化賞受賞。
1989年  東京芸術大学学長に就任。
1992年  日中友好協会会長に推される。
1993年  文化功労者。
1996年  日本芸術院理事長に就任。
       フランス・シラク大統領よりレジオン・ドヌール勲章を授与される。

自画像

1997年  広島県尾道市生口島に、平山郁夫美術館開館。
1998年  文化勲章受章。
1999年  中国建国50年国慶記念式典に招待される。
2001年  フィリッピン・マグサイ賞を受賞。
2004年  朝日賞受賞。山梨県長坂町に、平山郁夫シルクロード美術館開館。
2003年  中国政府より、文化交流貢献賞を受ける。
2004年  大観民国より、就航勲章興仁章を受ける。
2009年12月2日 享年79才にて、永眠。

 

自画像                              自画像

版画

安芸の宮島 

#Tー94 1994年 

セリグラフ 

額寸85x69

金閣寺 

#1-106 1995年 

セリグラフ 

65.1×49.9

金閣寺 

自筆サイン・印譜 

2007年 リトグラフ 

額寸66x73.5

熊野路 那智の瀧 

#93 1993年 

セリグラフ 

45.5×60.5

月光ブルーモスク 

2007年 自筆サイン・印譜 

リトグラフ

額寸70x85

月光砂漠らくだ行 

自筆サイン・印 

2006年 リトグラフ 

額寸71x86

西都長安大街「古都幻想」 

#1−5 1979年 

銅版 

30.5×41.8 

北京の夕「古都幻想」 

#1−6 1979年 

銅版 

30.5×41.8 

万里の長城 

#Tー7 1979年 

銅版 

画寸30.5x41.8

遼三彩魚形陶器 

#2−24 2002年 

セリグラフ 

画寸19x27

金閣寺
 自筆サイン・印譜
 2007年 リトグラフ
 画寸35x45.5

流砂月光
 #ー36 1985年
 セリグラフ
 画寸37.6x52.7

砂漠の夕べ 
#102 1995年 
木版 
画寸45.6x35

長谷寺の春 
#86 1993年 
自筆サイン・印 
セリグラフ 
画寸60.5x44

法隆寺 
#Tー66 
自筆サイン 
リトグラフ

流沙月光 
#36 1985年 
自筆サイン 
セリグラフ 
画寸37.6x52.7